Blog&column
ブログ・コラム

エアコンの除湿機能を使うときの湿度設定について

query_builder 2021/10/25
コラム
15
まだそれほど暑さを感じない梅雨の時期などに使うことが多いのが、エアコンの除湿機能です。
洗濯物の部屋干しや室内の湿気対策には、除湿機能を使いましょう。

▼エアコンの除湿機能とは
エアコンの冷房機能は室内の温度を下げることを目的としているのに対して、除湿機能は室内の湿度を下げることを目的としています。
気温が高いと空気中の湿度が高くなります。

湿気を多く含んだ暖かい空気をエアコンが吸い込み、熱を奪って空気の温度が下がると水蒸気が飽和状態になって水になります。
その水を配水管から室外に放出し、乾燥した空気を部屋に戻すことで室内の湿度を下げるというのが除湿機能のしくみです。
除湿機能には次の2種類があります。

■弱冷房除湿
水分が取り除かれた空気をそのままの温度で室内に戻します。
室内を冷やすことができるため夏におすすめです。

■再熱除湿
水分が取り除かれた空気を温め直してから室内に戻します。
冬におすすめですが、電気代がかかります。

▼長時間エアコンをつけて過ごすときのコツ
夜間などにエアコンをつけっぱなしにする場合は、湿度の設定を上手にすると、温度を下げすぎることなく快適に過ごせます。
この場合、エアコンの除湿機能を使い、室温を28度前後、湿度を50%から60%に設定しておくのがおすすめです。
室温をあまり下げなくても湿度を下げることで蒸し暑さが緩和され、空気がカラリとして快適になります。

▼まとめ
エアコンの除湿機能を上手に使うことで、部屋干しした洗濯物の乾きを早くしたりや夏の寝苦しい夜を快適にしたりすることができます。

NEW

  • 新年のご挨拶

    query_builder 2022/01/06
  • エアコンフィルターの汚れ

    query_builder 2021/11/21
  • 業務用エアコンの部品の汚れ(京都市内の保育園)

    query_builder 2021/10/03
  • ブログ始めました。奈良県生駒市エアコン清掃業者のssメンテナンス

    query_builder 2021/09/16

CATEGORY

ARCHIVE