Blog&column
ブログ・コラム

エアコンの内部洗浄について

query_builder 2021/12/01
コラム
21
エアコンのカビ臭さを解消するには、内部洗浄が効果的です。
しかし、エアコン内部は難しい構造となっているので、セルフで掃除できる部分とできない部分があります。
そこで今回は、「エアコン内部のパーツの種類」と「セルフでできる内部洗浄の範囲」についてお伝えしていきます。

▼エアコンの内部洗浄について
■エアコン内部のパーツの種類
エアコン内部には、「ルーバー」、「フィルター」、「熱交換器」、「ファン」、「ドレンパン」といったパーツが組み込まれています。

・ルーバー
エアコンの吹き出し口についている羽のことを指します。
ルーバーによって、風向きを変えることができます。

・フィルター
空気中の汚染物質を除去する役割を持ちます。

・熱交換器
エアコンが温度調節するための大切な部品です。

・ファン
ファンが回転することでエアコンの風が送り出されます。

・ドレンパン
内部の結露水を受け止める皿のことを指します。

■セルフでできる内部洗浄の範囲
エアコン内部にあるパーツ全てをまとめて掃除できれば良いのですが、フィルターよりも奥のパーツを掃除する場合、分解する必要があります。
全て分解して掃除するとなると故障のリスクが伴うので、自分でできる範囲は、ルーバー、フィルターまでが限界と覚えておきましょう。
それよりも奥のパーツを掃除するのであれば、分解→養生→洗浄→組立の工程に関する専門的な知識が必要となります。

▼まとめ
ルーバー、フィルターを掃除したのにエアコンのカビ臭さが解消されない時は、プロの業者に内部洗浄を依頼しましょう。
「S.Sメンテナンス」では、内部洗浄の際、カバーや部品を一つずつ取り外し、熱交換器やファンを慎重に洗い上げます。
洗浄後は、爽やかな送気となりお部屋で快適にお過ごしいただけます。

NEW

  • 新年のご挨拶

    query_builder 2022/01/06
  • エアコンフィルターの汚れ

    query_builder 2021/11/21
  • 業務用エアコンの部品の汚れ(京都市内の保育園)

    query_builder 2021/10/03
  • ブログ始めました。奈良県生駒市エアコン清掃業者のssメンテナンス

    query_builder 2021/09/16

CATEGORY

ARCHIVE